ソフトバンクを寝かせ回線とした場合の最低維持費【2020年3月版】

やってきました年度末商戦。(3度目ですが)

3月は毎年スマホが一番安く買える時期です。

ということで、2020年3月現在の各キャリア寝かせ回線の最低維持費を考えてみたいと思います。

au、ドコモに続き、今回はソフトバンクについて考えます。

寝かせ回線の条件

今回想定しているのは、OCNモバイルONEで使用する端末を購入するために一時的に契約するだけ。

メインで使用するのはあくまでもOCNモバイルONEで、端末をゲットするのが目的です。

ただし、契約後に短期解約するとブラックリストに乗る可能性が高いので、最低限のプランで1年間は維持します。

また新規で契約してそのまま純解約する、つまりMNPの転入・転出は無いものとします。

契約は1回線のみで、複数回線契約の割引も使用しません。

条件をまとめると次のようになります。

・端末を購入するために一時的に契約する

・メインで使用する回線はOCNモバイルONE

・最低限のプランで1年間維持する

・新規で契約して純解約する

・契約は1回線のみ

最低限の料金プラン

まずは最低限の維持費で済ませるための料金プランです。

ソフトバンクはミニフィットプランで、月額料金は3,980円(税抜)、データ通信は1GBまでで音声通話は通話した分だけかかる料金プランです。

ソフトバンクは契約月が日割請求、解約月が全額請求なので、月初に契約して1年間維持すると次のようになります。

3,980円×12カ月=47,760円(税抜)

また、ミニフィットプランには半年おトク割という毎月1,000円割引されるサービスがあります。

この半年おトク割、初月は適用されないので割引は次のようになります。

-1,000円×6カ月=-6,000円(税抜)

したがって半年おトク割を適用したミニフィットプランの維持費は次のようになります。

47,760円-6,000円=41,760円(税抜)

契約・解約に必要な手数料

次に事務手数料です。

維持費として月額料金の他に契約・解約の手数料も考える必要があります。

ソフトバンクを新規契約する時には契約事務手数料3,000円(税抜)が必要です。

ただし、ソフトバンクでは解約時の違約金がかかりません。

つまりソフトバンクを契約すると、毎月の維持費に契約事務手数料が上乗せされます。

契約事務手数料:3,000円(税抜)

ソフトバンク寝かせ回線の最低維持費

ソフトバンクで新規契約して1年間寝かせ、純解約した場合の最低維持費は次のようになります。

41,760円+3,000円=44,760円(税抜)

税込で49,236円です。

お店で安売りしているスマホが10,000円だった場合、維持費約50,000円を含めると60,000円で買うことになるのです。

また、OCNモバイルONEでソフトバンクの端末を使う場合はSIMロックを解除しなければならないので、注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする